パニックになることは

人はときに、頭が混乱してしまい、いわゆる「パニック」になることがあります。

それが「どうでもいい」とばかりに拡大するのを防がなくてはいけません。

感染症でいう、「パンデミック」を防がなくてはいけません。

まずは、一息ついて冷静になる事ですが、実際は中々上手くはいきません。

その時に、頭に氣が上がらないように、お腹に手を当てるか、

胸をさすると気持ちが落ち着きます。

じっとお腹に手をあてて、一息ついてください。

右手で左の胸の下あたり側面を、抱えるように脇の下と背中をつかむように

支えてあげると気分が落ち着いてきます。

そのまましばらく、10 秒くらい静止していてください。

パニックになることは、決して自分のプラスにならない・・・・・・

ということを念じてください。

その後、本田式強迫性障害改善法で述べた「無の呼吸法」を行って下さい。